駒場エデン教会の創設牧師である故笹森建美牧師が、かつて、その運営に携われた社会福祉法人 深川愛隣学園で幼少期を過ごされ、現在、日本基督教団銀座教会にて牧師を務められている髙橋潤先生をお招きして、駒場エデン教会創立50周年記念合同礼拝を行います。なお、髙橋先生のお父上であり深川愛隣学園の創立者である高橋玲二先生の半生を記した『神のみ手の陰に』(K・C・ヘンドリックス著、1991年 教文館)は笹森先生が翻訳をされています。

 創立記念合同礼拝 10:30 ~12:00
    説教:「あなたがたの名は天に記されている」
              髙橋 潤牧師(銀座教会)

この日は、第1礼拝(9:30 ~)との合同礼拝となるため、礼拝の開始時刻が10:30となっていますので、ご注意ください。教会学校CS(10:00 ~)は、お休みとさせていただきます。

髙橋 潤 先生プロフィール
1958年東京都生まれ。笹森牧師はじめ多くの青山学院関係者に支えられた深川愛隣学園で育ち、1985年、笹森先生を団長にインドネシアワークキャンプに参加。東京神学大学修了後、静岡教会、蒲原教会、中京教会で伝道者として用いられ、2017年度より銀座教会牧師。