今年の説教者は、長年、カルトを研究され、その対策にも詳しく、現在、Kirishin(キリスト新聞)に、「トランプ・カルトとキリスト教」という連載記事を執筆中の川島堅二先生(東北学院大学教授)です。川島先生は、1984年4月から1989年3月までの5年間、駒場エデン教会の伝道師(副牧師)として仕えてくださいました。1996年の創立記念礼拝での説教(当時、先生は恵泉女学園大学教授)以来ですが、今回は、仙台からオンラインでの説教となります。なお、当日、教会堂でなく、ご自宅でオンライン説教をお聴きになりたい方は、Zoom(Web会議アプリ)のURL等を数日前にメールでご案内しますので、事前にメールで申し込みをお願いします。

日時:  2021年10月10日(日) 10:50~
説教:「苦悩の中で耳を開いてくださる神」
説教者:川島堅二先生(東北学院大学教授)
申し込み:件名を「オンライン説教参加希望」と書き、お名前、連絡先電話番号をご記入のうえ、10月7日までに [email protected] 宛にメールでお申し込みください。

川島堅二先生のプロフィール

(かわしま・けんじ)1958年東京生まれ。東京神学大学、東京大学大学院、ドイツ・キール大学で神学、宗教学を学ぶ。博士(文学)、日本基督教団正教師。10年間の牧会生活を経て、恵泉女学園大学教授・学長・法人理事、農村伝道神学校教師などを歴任。現在、東北学院大学文学部教授